2014年 社会貢献活動 2014年12月1日更新
 ★シャープ社会貢献活動に参加しました★ ご報告

     シャープとして本年度も企業エントリーし、シャープ社友会中部支部としても会員の方が、愛知地区、三重地区
     それぞれ参加しました。

  ①愛知地区での実施報告
    ◆「第21回藤前干潟秋のクリーン大作戦」に参加しました。
      本年度も社会貢献活動の一環として企業エントリーされ、社友会中部支部としても参加致しました。
      ラムサール条約の干潟である藤前干潟の清掃活動を実施しました。
          開催月日    2014年10月25日(土)10:00~11:30
          開催会場    名古屋市港区藤前2丁目2002番地
          参加人員    社友会中部支部 7名
                      シャープ全体では67名 (社員50名、家族10名、社友会7名)

              

             
     シャープ名古屋ビル駐車場に集合し、分車し会場に向かいました。「 SGCのぼり」掲揚のシャープの受付で
     受付を済ませ、全員「シャープ腕章」をつけゴミ入れのポリ袋を持って作業にかかりました。
     天候に恵まれたせいか他社企業・学校関係・個人参加等で大勢の方が参加されていました。
     10月の台風(18号・19号)の影響もあり、例年に比べて漂着物などのゴミが多い様に感じられました。
     「モリゾウ」「キッコロ」も応援に駆けつけてくれました。 幸い好天に恵まれ、快い汗をかきました。

  ②三重地区での実施報告
   ◆「かめやま会故(エコ)の森づくり体験」に参加しました。
      シャープ(株)は亀山会故の森環境整備協議会の関町市瀬地内の市私有林を憩いの場として、又、
      環境学習の場として整備する「かめやま会故の森環境整備構想」の主旨に賛同し社友会三重地区として
      参加してから3年、今回6回目となる森づくり体験《歩道作りと間伐材を作った木工(本立てつくり》作業に
      汗を流してきました。
          開催月日     2014年11月15日(土)
          開催場所     亀山市関町かめやま会故の森、観音山公園芝生広場
          参加人員     3名 

            
       秋晴れの土曜日の半日、すがすがしい空気の中で社友会三重地区会員3名が参加しました。
       今回の全体の参加者は総勢で120名、内シャープからは25名、内社友会三重地区名でした。
       急峻な山道を歩き現場で道の拡幅作業と地ならし作業を行いました。(写真参照)
       木工工作は釘と金づちで本立てを作り3人とも出来栄えに満足してお土産にしました。
       次回予定は、2015月21日と発表され、内容は歩道の看板仮設とシイタケ原木への菌打ち作業
       だそうです。詳細は後日案内しますので一人でも多くの方の参加を期待いたしております。(笹山)

   ◆川と海のクリーン大作戦に参加致しました。
        今回の地域ボランティアは、亀山市鈴鹿川左岸河川敷と右岸の河川敷の環境を守り、美しい水辺を
        取り戻す清掃活動であり、会社の環境方針に合致するものです。その活動に参加してきました。
          ・開催日    2014年10月4日(土)
          ・場  所    鈴鹿川鹿島橋下流
          ・参加者    1名  (全体では約150名)

                
         河川敷に集まった150名程でゴミ袋を手に時間、のどかな風景を見ながら汗を流しました。
         交流の場としてもいい機会でした。との声も聞かれました。
         今後とも出来るだけ参加しようと思います。  (田中健司)

   ◆かめやま会故の森「森づくり体験」に参加致しました
         開催日  2014年2月22日(土)午前9時~12時30分まで
         場  所  かめやま会故の森(観音山公園アスレチックコース西)
         参  加  3名

        
             (開会式)                      (しいたけの菌打ち体験)
     【内容】
      晴れ時々曇り時々白いものがちらつく土曜日、社友会三重地区会員3名で参加しました。
     シャープ(株)は亀山会故の森環境整備協議会の関町市瀬地内の市私有林を憩いの場として、また環境学習の
     場として整備する「かめやま会故の森環境整備構想」に参画し、環境社会活動の一環として「シャープグリーンクラブ」
     を発足、平成22年度から参加し活動をしており「シャープの森」を拡大、推進しています。この環境社会活動に
     賛同し、シャープ(株)の一員として社友会が参加してから2年、今回5回目となる森づくり体験《広葉樹の伐採・
     シイタケの菌打ち》作業に汗を流してきました。
     菌打ちの終わった原木は各自が持ち帰り、植え木下など日陰で管理し来年の秋ごろに〝シイタケ〟が出てくるのが
     楽しみです。
     朝時から始まり3時間の作業が終了した12時に地元、坂下町コミュニティーの方たちの「キノコ汁とキノコご飯」が
     ふるまわれ、ほっこり温かなおもてなしに参加者150人が舌包みを打ち、楽しいひと時を過ごすことができました。
                                                            (笹山記)
      ★参加者の声
       青空の下、心地よい汗をかきました。自然を取り戻すエコな活動に少しでも貢献しているのかと思うと、爽やかな
       気分になりますね。
       今後も出来る限り参加したいと思います、何より人との出会い、ふれあいに感謝です。
       春を、首を長くして待っている今日この頃です。(田中健司)
このページのトップへ